甲州牛生産推進クラスター協議会とは

甲州牛生産推進クラスター協議会とは
(↑画像をクリックすると拡大表示します。)

1.事業の目的

 
山梨県産ブランド和牛「甲州牛」の生産基盤の維持強化を図り、出荷頭数を増頭する。

2.総括表

事業名 事業内容 事業費
(1)検討会開催 ・会議資料発送費用
・会議資料印刷費

30千円

(2)先進地域等調査 ・ET子牛登録情報システム先進地視察

294千円

(3)収益力向上に向けた取り組みの実証 ・ET子牛出生データ入力
・情報公開斡旋HP作成
・HP、データ入力・管理・空き牛舎簡易修繕

2,136千円

合計

2,460千円

3.事業の内容

(1)検討会の開催

開催回数 開催時期 開催場所 構成及び人数 会議の内容
2回 10月2月 県合同庁舎等 クラスター構成員全員 ・事業進捗状況報告
・クラスター計画の検討

(2)先進地域等の調査

調査地域 調査時期 調査員数 目的
県外先進地 11月 6名 和牛子牛出生情報の登録等に関する 産地実態研修

(3)収益力向上に向けたクラスター協議会の取組の実証

実証内容 実施時期・回数
1.空き牛舎の活用可能性を実証
・空き牛舎情報の収集、蓄積、斡旋2.和牛子牛の県内保留に資する取組の実証
・和牛子牛出生情報の収集、蓄積、斡旋
H27年10月体制構築予定
1軒以上のあっせん開始H27年12月システム構築予定
1件以上の子牛相対取引誘導

4.取組により期待される効果(成果目標)

成果目標 甲州牛の年間出荷頭数
H26年度 396頭 ⇒ H30年度 450頭
検証方法 (株)山梨食肉流通センターへの上場販売実績頭数調査
その他事業実施による効果 ・県内和牛肥育頭数増加
・県産肥育素牛供給増頭による収益率上昇

5.協議会の構成員・団体及び事業の執行体制

所属 構成又は人数 事業内容又は事業手続に係る役割
甲州牛出荷組合
JA全農やまなし 米穀畜産課
JA梨北 飼料畜産課
JAクレイン富士豊茂支店
(株)山梨食肉流通センター
山梨県農業共済組合連合会
(公社)山梨県畜産協会
山梨県家畜改良協会
(公財)山梨県子牛育成協会
山梨県
生産農家 30戸
米穀畜産課員 2名
営農指導員 3名
営農指導員 1名
営業部職員 13名
診療獣医師 2名
職員2名
山梨県酪農協職員1名
県有牛・預託牛担当
畜産課担当者 2名
家畜保健衛生所 2名
畜産試験場畜産普及科1名
酪農試験場 1名
甲州牛生産(協議会事務局)
出荷組合事務局
空き牛舎バンク構築協力
和牛子牛出生情報収集協力
食肉流通業者との連絡調整
ET関連技術指導
営農指導
和牛子牛出生情報登録システム構築
技術指導連絡調整全般